私のお散歩用自転車仕様 〜tokyobike SS〜

15年前にクロスバイクに乗り始め、その後ロードバイクに乗り換えましたが、7年前に首を痛めたことをきっかけに、早く走ることをあきらめました。

現在乗っているtokyobikeSS(トーキョーバイクエスエス)はクロスバイクから数えて7台目のバイクです。

7台のうち現在乗車可能なのは4台ですが、最近乗っているのはtokyobikeばかりです。
とても気に入っています。

tokyobike、トーキョーバイク

ちなみに最近は下記のようなところを走っています。

日吉ー野川公園(79.29km)
日吉ー大熊川支流(30.6km)
日吉ー大熊川源流(34.3km)
日吉ー鶴見川ー帷子川(40.44km)
日吉ー田奈(41.80km)
日吉ー早渕川源流(41.69km)

各パーツの現状

購入時より少しカスタムしています。
カスタムする理由は全て”楽に乗るため”です。
以下にパーツ別に紹介させていただきます。

フレーム

クロモリといって、鉄にクロームとモリブデンを添加した合金製です。
鉄なので、カーボンやアルミと比べると重いです。
クロモリは振動吸収性が高く、乗り心地が良いと言われますが、実のところ私には違いが分かりません。

カーボンやアルミより重いフレームに乗っている理由は見た目です。
クロモリフレームは細く、トップチューブが地面と並行(ホリゾンタル)になっているところが好きです。
カーボンやアルミのフレームは太く、例外なくトップチューブが斜めになっているのです。

トーキョーバイクのフレームにはメーカー名のロゴが書かれていないところも、ゴテゴテしていなくて気に入っています。
トップチューブに小さく「tokyobike.com」と書かれていますが、透明シールなので簡単に剥がすことができます。

ホイール・タイヤ

購入時、格好をつけて自分でホイールを組みましたが、2年ほどしたらスポークが1本折れてしまいました。
スポークのストックが見つからないこともあり、購入時のホイールに戻して現在に至っています。

650cという珍しいサイズなので、タイヤとチューブは常にストックをしておく必要があります。

ハンドル

購入時はフラットバーがついていましたが、ブルホーンハンドルに交換し快適に乗っていました。
その後首の調子が悪くなり、より前傾が少なくなるプロムナードハンドルに換えました。

変速が無いので、ドロップだろうがブルホーンだろうが、どんなハンドルにでも簡単に交換できるのもシングルスピードの良いところです。

ちなみにステムですが、アヘッドタイプはデザインが好きではありません。
たとえ重くてもスレッドタイプが好みです。

サドル

普通のサドルではすぐに尻が痛くなるようになってしまったため、購入後すぐに革サドルに交換しました。

サドル、セラアナトミカ・タイタニコ

最も尻が痛くならないと言われている「セラアナトミカ・タイタニコ」です。
他の革サドルはとは異なり、馴らしが不要という優れものです。
価格は高めですが、必要な者にとってはそれだけの価値がある品です。

軽いものと比べると倍以上の520gですが、どうしても必要なものなので仕方がありません。

ペダル

購入時のままです。
散歩の邪魔になるので、ビンディングやクリップを付けるつもりはありません。

ブレーキ

購入時のままで充分機能しています。
ロードバイクについているものと同じ型式です。
高価なものと比べて肉抜きがされてなく少し重いだけで、機能的には遜色がありません。

ブレーキ

ブレーキレバーは、余っていたダイヤコンペのものに交換しました。

ちなみによくクロスバイクに付いているVブレーキですが、効きすぎてロックしやすいです。
初心者が買うことが多いクロスバイクにVブレーキを付けるのは危険だと思っています。

ギア

46×16、ギア比は2.875です。
ロードバイクの52×18(2.89)とほぼ同じギヤ比ですが、変速系の抵抗が無いためシングルスピードの方が軽いです。
スプロケット1、2枚分軽いのではないかと思います。

チェーンリングー、チェーン、コグ

チェーンリング(前ギヤ)は、デザインが美しいものに換えたい気持ちはあります。
その場合でも坂を登れなくなってしまうことを避けるため、歯数は同じものにするつもりです。

コグ(後ろギヤ)は精度の良いものに換えたいです。
固定ギヤにするつもりはありません。
一度固定ギヤのバイクを組んでもらったことがありますが、乗りこなすことができませんでした。

シートポスト

ブルックスの革サドルを装着した際に、普通のシートポストではサドルを充分後ろに引くことができませんでした。

ステム:NITTO S84

よりサドルを後ろに下げることができる、上記写真のステムが必要です。
NITTO S84」ですが、これ以外の選択肢はありません。
またこのシートポストは前後2つのボルトでサドルを固定するため、角度の調整が劇的に容易です。
デザインも美しいです。

アクセサリー

100ルーメンの充電式ライト

ライトはUSB充電式です。
100ルーメンですが、都会を走る分には充分です。
夜のサイクリングロードなど真っ暗なところを走る場合は、最低限300ルーメン以上は必要だと思います。
台座だけ残してライト部分外すことができます。

100均のリアライト

リアライトは100均製(単4電池2本使用)です。
このような立派なものが、わずか100円で売られていることは驚きです。

鍵はワイヤー式で、番号を押すタイプを使っています。
キーで開けるタイプや番号を回して合わせるものよりも簡単です。

購入時より700gあまり増量

購入時は9キロ台でしたが、やむを得ない事情により実測で10.7キロほどになっています。

ハンドル:+105g
シートポスト:+103g
サドル:+168g
ヘッドライト:+76g
ボトルケージ:+83g
鍵:+176g
—————–
計:+711g

tokyobikeに乗り続ける理由

見た目がかわいい

タイヤが小さいことは可愛いことにつながっています。
色の展開が多いので、好みの色を選ぶことができます。
クロモリならではのフレームの細さとホリゾンタルフレームも好みです。

気楽に駐輪できる

自転車散歩中、食事をしたり買い物をしたりすることがありますが、高価な自転車ではいいかげんに駐輪することができません。
自転車用のラックがない店舗も多く、そうした場合は鍵を複数かけたとしても、自転車と地面がつながらないので簡単に持ち去られてしまいます。
ロードバイクに比べるとシングルスピードは価格が安いので、盗難の危険も低くなります。

メンテナンスフリー

シングルスピードでもホイール、ブレーキ、タイヤなどメンテナンスすべき場所はいくつかあります。
しかし、なんといってもメンテナンスが難しいのは変速システムです。

ただでさえも変速機は抵抗が大きい上に、ギヤやプーリーに汚れが付着するとさらに動きが悪くなってしまいます。

基本乗るたびに、毎日のように乗る場合は最低週一くらいで清掃をしないと調子が悪くなってしまうのが変速系です。

シングルスピードでも最低限のメンテナンスは必要ですが、かなり負担は減ります。

昨年で生産終了に

tokyobike SS」という機種ですが、昨年までで生産終了になってしまいました。
tokyobike MONO」に引き継がれましたが、重量が1キロほど増えているので、SSとくらべてコストダウンがなされているようです。

今のものを大切に乗り続けたいと思います。

Follow me!

私のお散歩用自転車仕様 〜tokyobike SS〜” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です