自転車で尻が痛くなる理由とその対策

尻が痛くならなくなった日

自分がロードバイクに乗り始めて最初の頃は10キロ乗るのが精一杯でした。
尻が痛かったかどうかの確かな記憶はありません。

鮮明に覚えているのは乗り始めて1年くらい経過したときのことでした。
それまで最長の90キロ程度を走ったのですが、家まであと10キロくらいのところで尻の痛さが我慢できなくなり、半泣きで家までロードバイクを押して帰ったのでした。

その後地元のショップチームで走らせてもらうようになり、しばらくすると尻が痛くならなくなっていることに気がつきました。
そのことを店主である師匠に告げると返ってきた言葉は、

「ペダルに体重が乗るようになったんだね(^^)」

と言うものでした。

集団で走行しているときは、遅れないようにと必死で漕いでました。
どれほど必死で漕いでいたかと言うと、初日の集団走行を終え家に帰る途中に、大腿筋とハムストリングスの左右計4ヶ所が同時につってしまったほどでした。(死ぬかと思いました・・・)

師匠に言われたことを、解説すると以下のようなことになります。

体重がかかっている場所は3点のみ

自転車に乗っているときに体重がかかっている箇所は下記の3ヶ所だけです。

  • ハンドル
  • サドル
  • ペダル

その3点の1点にかかる重量が増えれば他の2点にかかる重量は減ります。
具体的にはペダルにかかる重量が増えれば、ハンドルとサドルにかかる重量は減ると言うことになります。

ペダルにかかる重量を増やすためには、強く踏み込むことです。
つまり、速く走ることが尻の痛み解消につながるのです。

ひとりで悩んでいた頃

ロードバイクに乗り始めた当時は、尻が痛くなる理由をネットでよく検索しました。
現在「自転車 尻の痛み」で上位検索されたサイトから、痛みの理由をまとめると下記のようになります。

  • レーサーパンツ(パッド入りパンツ)を履いていない:3件
  • サドルとの相性(サドルが固いを含む):6件
  • ポジション(乗車姿勢)が悪い:7件
  • 慣れていない:2件
    ※複数回答による

当時検索した検索結果も同じようなものだったと記憶しています。
その頃は、自分なりにサドルの調整をしたりレーサーパンツを履いたりしてみましたが、尻の痛さが解消することはありませんでした。
サドルが固いのかと思い、購入した自転車店(師匠のとことは違う店)で尋ねたところ、現在のサドルは結構クッションがあるタイプだと言われました。

レーパンを履いても、ポジションを調整しても尻の痛さが解消しない人はたくさんいると思います。

先にまとめた尻の痛み原因の検索結果の中には少数ながら「慣れていない」ことを痛みの原因として上げているサイトがありました。
慣れろと言われても説得力がなく、当時の自分は信用することができませんでした。
実は慣れること自体が目的ではなく、慣れることによりスピードも速くなり、ペダルにかかる重量を増やすことが問題解消に繋がるということだったのです。

だからと言って、レーサーパンツを履かなかったり、ポジションの調整が悪かったりしても良いということではありません。
それらのことは、速く走れる要因となり、間接的に尻の痛さ解消に繋がります。

尻の痛さが復活

尻の痛さから解放され、その後7、8年は快適に走っていました。

ところがあるとき手の指が痺れるようになってしまいました。
病院・整骨院・カイロプラクティックなどを何ヶ所も回りましたが、全く改善しません。
痺れの原因ははっきりとはしないものの、頸椎が神経を圧迫しているという意見が大勢でした。

半年ほど自転車に乗らず、復帰した時はハンドルがプロムナード(ママチャリのようなハンドル)になりました。
半年のブランクの上、プロムナードハンドルでは上半身の力を使うことができず、スピードは激減しました。

久しぶりにロングライドをしようと思って出かけましたが、20キロくらいで尻が痛くなってしまう有様です。
速く走れるようになって尻の痛さが解消したときとは逆の経過をたどったわけです。

革サドルでロングライド復帰

ネットの書き込みによると、尻の痛さををカバーするには革サドルが良いと言うことは間違いないようでした。

さっそくBrooksの革サドルを買い求め、通勤車に3ヶ月ほど通勤車で馴らしたのちロードに付け替えました。

ヤビツ峠のピーク

サドルが前上りになっていますが、Brooksのサドルはなぜか後ろにあまり引けない(動かせない)ようになっているため、それをカバーするために前上りの設定にしていました。(その後サドルを引けるシートポストに交換しました。)

再びヤビツ峠や和田峠にも登ることができるまでに復帰することができました。
和田峠に挑戦 vol.1
和田峠に挑戦 vol.2
久々に表ヤビツ登攀

しかしながら、奥多摩の160キロコースを走った際、120キロくらい走ったところで尻の痛さが復活してしまいました。
奥多摩周遊

革サドルにも限界はあるのだと思いました。

究極のサドル 〜セラアナトミカ・タイタニコ〜

ネットを見ていると、面白いサドルがあることを知りました。
定番のブルックス製よりも尻が痛くならないとのことです。
ブルベなどの長距離イベントで使用している人も多く、「600キロまではブルックスで良いが、600キロを超えたらこれしかない。」というブログの記事もありました。

セラアナトミカ・タイタニコの革サドル

セラアナトミカ・タイタニコというUSA製の革サドルです。

さらに驚くべくこととは、このサドルは革であるにもかかわらず、馴らしが不要とのことです。
初めて乗った日から尻が痛くなくなるという夢のような話です。

にわかには信じられませんでしたが、だめもとと思って購入し、シングルスピードに装着してみました。
乗ってみたところ、確かに痛みや固さは全く感じられません。
80キロまで走りましたが、尻に痛みは出ませんでした。
短距離のポタリング程度であれば、レーパンも不要です。

究極のサドルだと思いました。
本来は超長距離を走るために開発されたであろうサドルを散歩程度のライドに使用するのはもったいない気もしますが、いたしかたないところです。

尻の痛みは誰にでもあり

痛みの出方には個人差があり、同じようなスピードやキャリアだからと言って同じように痛くなるわけではなりません。
ちなみに自分の場合は尻の骨が人より出っ張っているらしく、スタジアムの固い椅子に座ると自分だけ尻が痛くなる次第なので、他の人よりも尻が痛くなりやすい体質のようです。
ちなみに自分の尻のサドルがあたる部分はアザのように変色しています。

普段200キロ走っても痛くならないと言う人がいるかもしれませんが、400キロ走れば痛くなるかもしれません。
1000キロ超で初めて痛くなるライダーもいるでしょう。
どの距離で痛くなるかは人それぞれですが、絶対に尻が痛くならい人は居ません。

私のように痛さが復活する場合もあります。

痛さにより自転車に乗ることをやめてしまったり、サドルをたくさん買ってしまう方は多いのではないかと思いますが、どちらとももったいないことです。
原因と対策を知ることによりモチベーションの低下を防ぎ、無駄な投資をしないですむことができます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です