スタッキングシェルフ用の引き出しをDIY

スタッキングシェルフ互換収納が完成
本物と違い無垢の木材なので、温もりがあります。

中に100均の段ボールの箱や1,300円で買った木箱などを入れてみました。

スタッキングシェルフ互換収納全体図

紙箱だと木の質感には劣ってしまいます。
一時しのぎのものと考えるべきでしょう。

本心では無印良品の引き出しが欲しいのですが、1個6,000円くらいするので躊躇しています。

そんな時にホームセンターで手ごろな箱を見つけました。

幅370mm、奥行き260mm、高さ167mmと高さを除けば理想的なサイズです。

縦に重ねてみたところ、縦2段の引き出しとして使うのには容認できるサイズです。

※2020年12月追記
レールの角材を取り付け、簡易引き出しとしました。

100均の取手もつけました。

また、100均(seria)で木材を売っているのを見しました。
しかも「桐」です。
ラインナップは下記の3種類です。

150mm×450mm×9mm
120mm×450mm×9mm
90mm×450mm×9mm

これはいろいろ使いまわせそうです。

早速購入して、このようなものを2つ作ってみました。

箱のハリボテです。

中に入れるとこの通り。
上の隙間はシェルフの設計ミスです…

中身は余っているプラスチック箱を入れました。

取手を付ければ簡易引き出し完成となります。

2020年11月時点の現況です。

寝室収納(2020年11月現在)

関連ページ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

目指せ1ヶ月10万円生活