スタッキングシェルフ(無印良品)互換収納についてまとめ

スタッキングシェルフ互換の棚を自作

スタッキングシェルフとは無印良品が展開するシステム家具です。
寝室の収納を考える際に、スタッキングシェルフのシステムが頭にありました。

システマチックでおしゃれなのですが、二大欠点があります。

金額が高い
無垢の木じゃない

ということで、旧収納を分解してリメイクしました。

スタッキングシェルフ互換壁収納

購入した材料は、棚を取り付けるためのL字金具とねじだけです。
安くできたことには満足ですが、大量の板の切断は大変です。
ホームセンターで切断してもらうことをおすすめします。

中身は下記のような無印良品のの引き出し(スタッキングチェスト)を入れれば完成です。

しかしながら、やはりスタッキングシェルフと同じく二大欠点があります。

金額が高い
無垢の木じゃない

さらに、重量が重いということも少々ひっかかります。
(2列×2段のチェストの場合、約9kgもあります。)
無印良品の引き出し(スタッキングチェスト)は購入せず、自分で作ってみることにしました。


サイズに関しての注意点

ここで、収納の内側の寸法について注意点を述べておきたいと思います。

自分は何も考えず無印良品のスタッキングシェルフのサイズを踏襲しました。
後で気がついたのですが、スタッキングシェルフのサイズは、一般的なカラーボックスのものよりも少し小さいのです。
カラーボックスには定められた規格はありませんが、内側の幅が約380mm以上のものが多く、それに対してスタッキングシェルフの内幅は375mmです。

わずか5ミリの違いですが、市販のカゴや箱のほとんどはカラーボックスに入れることを想定しているため、スタッキングシェルフに入らないのです。
数ヶ月の間にいろいろなところで探しましたが、無印良品以外でスタッキングシェルフに無駄なく入る箱やカゴは、わずかに下記のものだけでした。

それに対して、100均、ホームセンターなどで見たもののほとんどは幅380mmとその半分である幅190mmでした。
無印良品のスタッキングシェルフの内径幅は375mmなので、ほとんどの箱やカゴはわずか5mmの違いで入らないのです。

逆に無印良品の引き出し(スタッキングチェスト)は多少の隙間はできるにしても、だいたい入ります。
まさに「大は小を兼ねる」という状況です。

今にして思えば、自作シェルフの内径幅は380mmにすべきでした。
そうすれば、無印良品のものもそれ以外のものにも対応することができたのです。

高さについては無印良品のの引き出しが無駄なく入る高さということで375mmがいいと思います。
(無印良品以外のものは、高さにはあまり法則性がありません。)

市販の箱を使い、引き出し的なものを作成

前述した紙箱と木箱を使い、簡単な引き出しを作ってみました。

紙箱の前面には桐板を貼り付けています。
いずれも、統一感を出すために、100均(seria)の取っ手を取り付けました。

詳しい作り方は下記で紹介しています。

100均の紙箱を利用し引き出しを作成

100均(seria)の紙箱の高さを揃え、前面に桐板を貼り付け、取っ手を付けました。
詳しい作成手順は下記の記事で紹介しています。

シャツ、靴下、パンツなどをそれぞれ分類して収納するため、このユニットはを最低3つは欲しいと考えていました。
(後述しますが、2列は必ずしも必要なく、2段の引き出しがあれば用をなします。)

ちなみにこの時もうひとつ引き出し的なものを作りましたが、クオリティが低すぎたため、すでに分解してしまいました。

無印良品の紙製引き出しをリメイク

無印良品の紙製の引き出しを2種購入ました。
硬質パルプという材料を使っており、普通にイメージする紙箱よりは堅牢性は高そうです。

そのまま使用してもよかったのですが、統一感を考えて前面に桐板を貼り付け、他と同じ取っ手を付けました。

作成手順は下記に記しました。

ここまで来て気がついたことは、2列ある必要はないということでした。

2列2段の4つの引き出しにパネルを貼るのは難易度が高く、一方使用する場合の利便性は2段のもの(パルプボード2段)で充分ということです。
2段の引き出しをパーテーションで左右に仕切れば事足りると気づいたのです。
価格も2段2列の3,490円に対して2段のものは2,790円です。
取っ手の数も2個ですみます。

ところが店舗に注文に行ったところ、残念なことにパルプボード2段は生産が終了したと言われました。
他の方法を使わざるを得ませんが、2段の引き出しをあと2つ作成するつもりです。

反省点・まとめ

収納の最新状況です。

かなり理想に近づきましたが、残念だった点もありました。

棚の内径は幅380mmに

棚の内径は380mm、高さ375mmにすることで、中に入れる引き出しやカゴを、数多くの中から選択することができます。
自分の場合は幅375mmにしたため、わずか5mmの違いで選択範囲を狭めてしまいました。

上下2段の引き出しがベスト

2列×2段の引き出しはさまざまな理由でおすすめしません。
上下の2段があれば充分です。

価格的には自作のメリット大

仮にこれまで作ってきたものと同様のものを、無印良品でそれ得た場合の費用は、

スタッキングシェルフ:76,600円
スタッキングチェスト(8個):42,920円
計:110,520円

それに対して自分がこれまでにかけた費用は、

パルプボード(紙製引き出し、2個):7,380円
ホームセンターの木箱(2個):2,600円
桐板(まな板含み20枚):2,200円
取っ手(20個):2,200円
L字金具:2,100円
計:16,480円

仮に棚板を全て購入した場合は、プラス25,000円くらいになります。
クオリティの問題はありますが、自分で作った方がかなり安いです。

何よりも無垢の木であることが気に入っています。


作業はけっこう大変でしたが、コロナ禍で自粛の状況下では良い暇つぶしになりました。

これを見て収納を作ってみようと思われた方は、私の経験と失敗を是非とも参考にして欲しいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

洗面所の収納をDIY