Tシャツの脱ぎ方が男女で違う本当の理由 〜男性が女脱ぎをできないのは肩関節の可動域が狭いから〜

女性と男性のTシャツの脱ぎ方の違い

みなさんは、自分がどうやってTシャツを脱いでいるか意識したことがありますか?
Tシャツの脱ぎ方には何通りかの方法がありますが、代表的な脱ぎ方が2つあります。

女脱ぎ:両腕をクロスさせて裾を掴み、下からめくり上げる

男脱ぎ:両手で頭のうしろの生地を掴んで引っ張り上げる

ジェンダーレスの現代においては不適当な言い方かもしれませんが、ここはわかりやすく「女脱ぎ」「男脱ぎ」とさせていただます。

女性は女脱ぎをする場合が多く、男性は男脱ぎをする場合が多いのですが、なぜそのような違いになったのか不思議に思ったので調べてみました。

加圧シャツが自分で脱げない

このことを考えるようになったきっかけがありました。

加圧シャツという、体に密着するスポーツウェアがあります。
ラッシュガードに似ていますが、もっと体への密着が強いものです。

加圧シャツは体にぴったりくっついていて皮膚との摩擦が大きいので、男脱ぎでは脱ぐことが不可能でした。
いつものように首の後ろの生地を掴んでいくら引っ張っても胴体部分の生地が全く移動しないので、そのときはかなり焦りました。

結局加圧シャツを脱ぐためには、普段やらない女脱ぎにより下からめくり上げるしかありませんでした。

2016年イギリスでネット論争に

Tシャツの脱ぎ方についてググっていてよく出てくるのは、2016年にイギリスで起ったというネット論争です。
SNSに女性が男性のTシャツの脱ぎ方が変だと書き込んだことがきっかけになりました。

この時は男女のTシャツの脱ぎ方が違う理由を、Tシャツの縫製の仕方が違うからと結論づけていました。

女性用のTシャツは脇の下の部分が狭く作られているので、男脱ぎをしようとすると肩の部分が抜けないというのがその理由です。
前述した、私が加圧シャツを脱げなかった理由と同じ様なことです。

また、男性のTシャツは丈が長く作られているので、女脱ぎには適していないということもあります。
つまり、裾にかけた手を上まで上げても丈が長すぎて頭が出ないという理由です。

Tシャツの縫製の違いで片付けていいのか?

しかし、この問題をTシャツの縫製の違い片付けて良いのでしょうか?
確かに縫製の違いはきっかけにはなるでしょう。
しかし女性が男脱ぎをできない、あるいは男性が(男性用のTシャツだとしても)女脱ぎをできない理由にはなっていません。

女性には男脱ぎをしない理由は、縫製の違い以外にもう2つあります。
ひとつは女性は男性と比べて髪の毛が長いことが多いため、引っこ抜き型の男脱ぎをした場合は大量の髪の毛が抜けてしまうということです。

もうひとつは男脱ぎは女脱ぎに比べてより多くの筋力が必要だということです。
(そのことは、後述する九州大学院の調査でも明らかになっています。)

では、男性はなぜ女脱ぎをしないのでしょうか?
それはしないのではなく、できないのかもしれません。
私のまわりの男性に聞いたところでは、かなりの割合で女脱ぎを”できない”人がいました。

男性が女脱ぎをできない原因は肩関節の可動域が狭いから

ネット情報を探していると、Tシャツの脱衣方法と肩関節の動きを調査した論文(報文)がありました。
19名の高齢女性の肩関節の動きとTシャツの脱ぎ方を詳細に調べたものです。
男女の違いを調査したものではありませんが、そこにはこの問題を解決する重要なヒントがありました。
全9ページのうち一部を引用させていただきます。

※文中の「パターン2」というのはいわゆる女脱ぎのことです。

・・・パターン2は最も多く行われている脱衣方法であるが,大きな肩関節角度が必要である。・・・

・・・パターン2で脱衣することができないという者が,加齢により肩関節可動域が減少する高齢群に現れると推測される。・・・

・・・肩関節の痛みや障害など腕上げに支障がない高齢者にとっては,脱衣が容易な方法であるパターン2を日常の脱衣方法として選択していると推測される。・・・

九州大学大学院芸術工学府、同院芸術工学研究院の論文から引用

女脱ぎを行うには肩関節の可動域の広さが必要だったのです。

人間の使わない機能は衰えていきます。
男性の多くは男脱ぎをしているうちにいつのまにか肩関節の可動域が狭くなり、気づいたときには女脱ぎができなくなっているのではないでしょうか。

まとめ

これまで「男女のTシャツの脱ぎ方の違いはTシャツの縫製の違いによる」ということは、ネットでは定説となっていました。
しかしそれは原因というよりきっかけなのです。

男女に関わらず、女脱ぎができないということは肩関節の可動域が狭くなった、言い方を替えれば肩関節の柔軟性が失われているということです。

肩関節の柔軟性が失われるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?
よく言われるのは、姿勢が悪くなる、肩がこる、五十肩になるなどですが、他にも様々あります。
それに対して肩関節に柔軟性があって悪いことはひとつもありません。

一度失われた肩関節の柔軟性は、取り戻すことができないかもしれないので、そうならないよう努力することが重要です。
女脱ぎをしているだけで肩関節の柔軟性を保つことができる、とまでは断言はできませんが、少なくとも肩関節の可動域減少に早く気づくことができます。

男性も若いうちから女脱ぎをすることを推奨します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です