中華ちまきに挑戦 〜正四面体に包むべし〜

作ってみたかったメニュー

とてもおいしく見栄えがするのでお土産にしても喜ばれそうだと思い、作ってみたいという願望はありました。
しかし、いかにも難易度が高そうに見えるので、自分で作るのはとても無理だと思っていました。

難易度が高そうに思う理由は、材料が多い、蒸し器を使うことなどもありましたが、何と言って第一の理由は、竹の皮で包むのが難しそうということでした。

しかしYouTubeを見てみたところ包み方の動画が数多く上がっており、動画を見ているうちに自分でも作れるような気がしてきました。

製作の方針

  1. もち米と普通米1対1とする
    過去に市販品を食べた経験により、もち米のみだと柔らかすぎると思ったので、もち米に普通米(コシヒカリ)を加えることにします。
  2. 炊飯器と蒸し器のハイブリット方式
    本来は炒めた米を包んで蒸すものなのですが、調味料が無くなるまでフライパンで炒めるのとパラパラの米を包むのが難しく思えました。
    また蒸し時間が40分もかかるとのことですが、炊飯器で炊けばかなり時間短縮されます。
    ただし、衛生上の観点から完成後に10分だけ蒸すことにします。
  3. チャーシュー、タケノコ、干し椎茸はマスト
    なんといっても毎週作っているチャーシューと自分で掘ってきたタケノコがあります。
    ネット上のレシピを見てみると、他にはにんじん・栗・銀杏・干しエビがよく使われているようですが、無くても良さそうです。

制作開始

1.竹皮を調達
ネット情報では100均ショップにあるとのことでしたが、ダイソー、Seria、CANDOを計5店回るも空振りでした。
ようやくホームセンター(コーナン)で買い求めることができました。

竹皮

しかし、7枚で327円(@47円)とちょっと高めです。
今年はたくさん拾っておこうと思います。
ちなみにちまきに使える竹皮は、いつも食べている孟宗竹ではなく、少し後から生えてくるマダケのものを使います。

後日竹皮は、富澤商店、東急ハンズ、イトーヨーカドーでも見つけることができました。
現在のところの最安は東急ハンズ(鴨居ららぽーと店)の8枚で275円(@34円)です。

2.具材を切る
タケノコ、チャーシュー、戻した干し椎茸を賽の目に刻みます。

材料を賽の目に切っているところ

今回は銀杏と松のもを入れてみましたが、無くても充分おいしいです。

4.材料と調味料を入れて炊飯器で炊く

■材料
 普通米:1.5合
 もち米:1.5合
 チャーシュー:170g
 タケノコ:170g
 干ししいたけ:2個
 銀杏:10個くらい(入れなくても可)
 松の実:10個くらい(入れなくても可)
■調味料
 オイスターソース:大さじ1.5
 しょうゆ:大さじ1.5
 日本酒:大さじ1.5
 砂糖:小さじ2
 ごま油:小さじ1.5
 鶏ガラスープの素:小さじ1.5

5.竹皮に包む
写真付きの記事やブログを見ても理解しにくいため、Youtubeで研究しました。
作る人ごとに微妙に皮の折り方が違いますが、根本は同じようです。
しかし実際にやってみると、最初は紐で縛ることがうまくいかず難儀しました。
包み方については後述します。

6.蒸し器で蒸す
包んだ時点で一応完成しています。
しかし衛生上の観点から、10分だけ蒸すことにしました。
竹の皮には防腐作用もあるらしいのですが、念には念を入れることにしました。
そのため炊飯時には水を少なめにして固めに炊くようにします。

完成品です。
とてもおいしいです。

完成した中華ちまき

冷凍したものを電子レンジで温めてもおいしいです。
タケノコの食感がどうなるか心配でしたが、問題ありませんでした。

中華ちまきの中身

竹皮の包み方について

YouTubeのレシピ動画を見ると、それぞれ包み方が微妙に違います。
そのうち1つをやってみましたが、包むのは割と簡単でした。
言葉で説明するのは難しいので動画を見ていただければと思いますが、コツとしては四面体を作るように心がけるということでしょうか。

最初にやってみた時は、ヒモで縛ることがうまくいかずとても困りました。
ヒモが滑って外れてしまうのです。
なんとかごまかして縛ったものの、めちゃくちゃな縛り方でいかにも見た目がよくありませんでした。

包み方の動画をいくつか見てみると、ちまきの外観が三角おにぎり型のものと四面体のものがありました。
四面体というのは3角形が4つで作られた立体のことで、三角錐とも言います。
三角おにぎり型では紐で縛ることが難しいので、正解は四面体だと思いました。

ちまきの形を模した四面体の模型を使って説明します。

四面体の模型1

前回はこのようにヒモを巻いていました。
これではヒモが引っかからないのは当然でした。
四面体には4つの角があるのですが、ヒモによって4つの角を1対3に分けようとしていたからうまくいかなかったのです。
三角おにぎり型の場合でも同じように滑ってしまうのでうまくいきません。

4つの角を2対2に分けたものが下の写真です。

四面体の模型2

これならば安定して、きっちりと縛ることができます。
初めて作ったときは焦ってしまい、このことに気づけませんでした。

まとめ

  1. 炊飯と蒸しの混合方式
    炊くと蒸すの2工程をやるのは面倒くさいと思われるかもしれませんが、やってみるとそれほど大変ではありません。
    むしろ正攻法よりも楽だと思います。
    ただし、炊く際におこげができやすいのが欠点と言えるでしょう。
  2. もち米と普通米を1対1
    もち米だけでも良いですが、私の場合はもちもちしすぎると感じてしまいます。
    また、もち米は普通米の1.4倍もカロリーが高い点も要注意です。
  3. 包み方は四面体を意識
    平面的な三角おにぎり型にならないようにします。
  4. 縛り方は4つの頂点を2体2に分ける
    自分がここでつまづくとは思っていませんでした。
    この点を解説しているレシピはこれまで見たことがありませんでしたが、意外に盲点だと思います。

解説動画を作りましたので、よろしければご覧ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です