タケノコ狩りのすすめ

タケノコが好き

年間でわずかな期間しか採ることができない旬のものが好きだ。
ビワ、梅、サンマ、イクラ、松茸など

春はなんといっても筍。

タケノコの掘り方

いくつかタケノコが生えているのが見えるが、これでは伸びすぎだ。
空気に触れる部分が多くなるほど、味が落ち、エグ味が強くなってしまうという。

このくらいがまで理想↓

まわりの草とのわずかな色の違い、土が盛り上がっているなどのわずかな手がかりから発見する。

道具はこれだけ。

上はいわゆる「バールのようなもの」
スコップは100均のものではいけない。弱すぎてすぐに曲がってしまう。
写真のものはホームセンターで700円くらいだったと思う。

タケノコの概略図

ある程度掘った後、可食部のぎりぎりのところにバールを突っ込んで引き倒すだのが、きれいに分断することは難しく無駄がでてしまうことが多い。

そんな時に「鍬」があるといい。

来年は購入を検討しようと思う。

可食部が少し削がれているが、まあまあの型のものが採れた。

採ったらすぐに下茹でを

帰ったらすぐに下茹でをする。

近所の米屋でもらったぬかをいれて1時間くらい茹でる。(ぬかがない場合は、米のとぎ汁・重曹・灰などで代用可)
ぬかを入れるのは、エグ味を消すため。
採れたてなら、ぬか無しでもいいのかもしれない。
エグ味は掘った直後から増加するのでなるべく早く茹でたほうがいい。

毎年4月はタケノコ三昧

定番のタケノコご飯。

美味しんぼで見たタケノコの刺身をやってみた。
採ってからすぐにやったのだが…味がしない…
京都産じゃないとだめなのだろうか。

行きつけの焼鳥屋にタケノコを持ち込んで焼いてもらった。

天ぷら、煮物などもよい。

生から作ったペペロンチーノは絶品だったが、下記は絶対条件だ。
条件1:地面から出ていないものを選ぶ
条件2:採ってすぐ調理する
そうでないとお腹をこわしてしまう。(実際2度目にやったときは大変なことになった。)

一番よく作るのは、牛肉と一緒に炒めたもの。
簡単で失敗がない。

味付けはオイスターソースとコショウのみ。

毎年4月(ぎりぎりゴールデンウィーク中まで)は、まさにタケノコ三昧だ。
今年は100本以上掘ることができた。

もちろん自分だけでは食べきれないので大半は人にあげるのだが、とても喜んでいただいている。(と思う。)

わざわざタケノコを掘る理由は

自分でタケノコを採る理由は、1にも2にも採れたてを食べるため。
店舗に流通しているものだと、掘ってから少なくとも丸1日以上は経過しているのではないだろうか。

収穫の楽しさもある。
タケノコを見つけた瞬間はワクワクする。
子供のころ釣りで当たりが来た時の感覚に似ている。

コロナ自粛の折、運動不足解消にもなっている。

長くこの楽しみが続けられればと思う。

Follow me!

タケノコ狩りのすすめ” に対して2件のコメントがあります。

  1. カルロス より:

    去年、滑落しそうになりながら?wの、タケノコ狩、楽しかったねえー。w

    1. olivegarlic より:

      そういえば、去年シドミード展の翌日行ったんだった!
      来年また来てね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です