きゅうりの醤油漬けを作ってみたらおいしかった

いわゆる「きゅーりのキューちゃん」的なもの

Youtubeできゅうりの漬物レシピがバズっています。
下記のレシピは公開1ヶ月で260万回以上再生されました。

きゅうりのキューちゃんは時々買って食べていましたが、自分で作れるものとは思っていませんでした。

「ぼりぼりきゅうり」「きゅうりのキューちゃん」などでググると数多くのレシピが検索されます。

2つのレシピで作ってみることに

再生回数の多いものを2つピックアップしてみました。

きゅうりのとしちゃん漬けやみつきボリボリきゅうり
公開年月日(再生回数)2018年4月23日(180万回)2020年6月4日(280万回)
きゅうり1kg(10本)12本
塩(塩もみ用)小さじ2(12g)12g(1本あたり1g)
しょうゆ300cc360cc
360cc
砂糖200g120g
50cc180cc
しょうが1かけ50g
とうがらし適量3本
ゴマ8g

似ているレシピではありますが、塩分濃度と酒の有無が大きな違いです。

どっちらのレシピで作ったものが美味しいのか確認するため、両方のレシピで作ってみました。
できるだけ動画の作り方を再現しましたが、量については一部は調味料割合を同じくした上で、少ない量で製作しました。

材料を切る

きゅうりのとしちゃん漬け(以下としちゃん)では約1cm、やみつきボリボリきゅうり(以下やみつき)では2cmくらいと言っています。
動画と同じくらいの感覚で少量切って測ってみたところ、いずれも1.2cm〜1.5cmくらいでしたが、それぞれレシピに近い厚さに切りました。(としちゃん1cm、やみつき2cm)

生姜は千切りにします。
いずれのレシピでも皮を剥いていません。
やみつきでは「皮の部分が一番香りがいい」と言っています。

とうがらしについては特段のこだわりは感じられませんが、いずれも種は入れていませんでした。

きゅうりをには塩をしておきます。

きゅうりを絞る

どうせこのあとに煮るなら、わざわざ絞る意味があるのかと思いましたが、実際に絞ってみたところ、目に見えて効果がありました。

白かった部分が、半透明っぽくなっています。
触った感触は、切った直後より柔らかくなっています。

一部内部が潰れかけている部分は繊維が破壊されていると思われるので、このあと調味液が染みやすくなりそうです。

調味液で煮る

きゅうりを煮て大丈夫なのかという心配がありましたが、とにかくレシピどおりやってみました。

しょうゆ、酢、砂糖までは、量の違いはあれども、2つのレシピは一致しています。
やみつきの方は酒がかなりの量入るところが最大の違いです。

いずれのレシピでも長時間煮込む必要は無く、ひと煮立ちすればいいと言っています。
ときどき混ぜながら2,3分煮て、中心部まで沸騰したところで火を止めました。

一旦きゅうりを調味液から引き上げます。

写真はとしちゃんのほうですが、すでに表面にシワができています。
やみつきの方は、煮た時点ではこれほどのシワはありませんでした。
これは調味液の濃度の違いによるものだと思います。

  • としちゃん:塩分濃度約8.5%
  • やみつき:塩分濃度約5.1%

    ※しょうゆ大さじ1(18g)に含まれる塩分量を2.6gとして計算

ジップロックで保存

レシピではタッパーで保存していましたが、ジップロックであれば、空気を抜いて保存することができます。

左がやみつき、右がとしちゃんです。

撮影後に調味液を抜いてペットボトルに保管しました。

調味液を捨てるのはもったいないので、調味料を継ぎ足しして、次回調理の際に使おうと思います。

2つのレシピの味の違い

としちゃん漬けは翌日には食べられました。
やみつきは2日目以降食べられますが、写真は3日目のものです。

としちゃん漬けの方が出来上がりが早いのは、前述したとおり塩分濃度が濃いためと思われます。

飲み会で何人かに味見してもらいました。
やみつきの方が味が濃く美味しいという意見が複数ありましたが、皆さんの感想はどちらも美味しいというものでした。
2つ並べると味の濃い方がより美味しく感じるというのはあると思います。

やみつきの方がボリボリ感が強く歯触りが良いという意見が大勢でしたが、より厚く切っていることが関係しているかもしれません。

日本酒の使用は特段の効果が無いような気がしますが、ボリボリ感に関係しているかもしれないので結論はまだ早いかもしれません。

それぞれのレシピの問題点

としちゃんの方は塩分量が多すぎる気がします。
調味液の塩分濃度が8.5%というのは相当です。
美味しいのでついつい食べすぎてしまい、腎臓等に負担を与えてしまいそうです。
味を落とさず塩分量を下げる工夫が必要です。

やみつきの方は日本酒を2合も使うということが、コスト的に問題です。
今回使用した日本酒は、普段飲んんでいるもので、2合あたり307円になります。
ちなみにやみつきで使ったきゅうりは12本で400円なので、日本酒のコスト割合が高すぎます。
料理酒や安い日本酒を買うことには抵抗があるので、調味液の継ぎ足し方式を試してみたいと思います。

コストは

きゅうりのとしちゃん漬け

  • きゅうり(6本)200円
  • しょうゆ(180cc)38円
  • 酢(30cc)5円
  • 砂糖(200g)40円
  • しょうが(30g)36円
  • とうがらし(2本)6円
  • 合計 325円
  • きゅうり1本あたり 54円

やみつきボリボリきゅうり

  • きゅうり(12本)400円
  • しょうゆ(360g)77円
  • 酢(180cc)32円
  • 砂糖(120g)24円
  • 日本酒(360cc)307円
  • しょうが(半かけ)60円
  • とうがらし(3本)10円
  • ゴマ(大さじ1)10円
  • 合計 920円
  • きゅうり1本あたり 77円

まとめ

今まできゅうりのキューちゃん的漬物は、何ヶ月も漬け込んで作るものだと思い込んでいました。
Youtubeの情報に感謝です。

市販品と比べて特段に安く作れるわけではありませんでしたが、今後は調味液の反復使用によりコストを下げられる可能性があります。

何よりも国産の材料で、添加物無しで作れるところが安心です。

美味しいので、ついつい食べすぎてしまいそうですが、塩分濃度が高めなので注意しなければなりません。

冷蔵庫に常備決定です。
冷凍もできるとのことなので、きゅうりの安い今大量に購入して作り置きしようと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です