細長スマホ全盛に物申す 〜ベゼルレス16:9のスマホが欲しい〜

長くて大きい今時のスマホ

4年ぶりに新しいスマホを購入しました。
4年間でスマホの勢力図は大きく変わり、ディスプレイは大型化しました。

かつては上下のベゼルが1センチほどある機種がほとんどでしたが、現在は上下左右ともベゼルがほとんど無いデザインになっています。
ベゼルが無くなったスペースには画面が広がりました。

16:9(旧スマホ)と20:9(新スマホ)の違い

上記は私が所有する新旧のスマホを比較したものですが、画面幅を比べると6mm大きくなっただけですが、上下には42mm長くなっています。

アスペクト比9:16の動画表示の仕方は、新旧のスマホで下記の違いがあります。

アスペクト比16:9の動画が横長画面でどのように表示されるか

これまでの5.2インチと比べて横にした場合の画面幅は4cm以上長くなっていますが、高さは6ミリほどしか変わっていません。
縦のサイズがボトルネックになるため、実質的には5.2インチから5.7インチになったに過ぎません。(注:画面サイズとは対角線の長さのことを指します。)

無理に6.55インチに全画面表示にすると斜線部分がディスプレイからはみ出してしまうため、斜線部分にテロップなどがあった場合は表示されません。

細長いスマホは映画鑑賞以外に出番無し

画面が細長いスマホはどのような時に役に立つのでしょうか。
各種映像の縦横比を並べてみました。

様々な動画や画像の縦横比を比較

映画以外では常に画面の長さを持て余してしまっていることがわかります。
※ゲームの中には横長画面が有利なケースもあるようですが、私が全くゲームをやらないためここでは割愛しました。

iPhoneXが細長画面を選択した理由は

iPhoneX前までのスマホでは上下のベゼルの存在は技術的にやむを得ないものでした。
初めてベゼルレスのiPhoneXが出現した時、「やけに画面が長いなあ」と思ったのは私だけでは無かったでしょう。

iPhoneXの開発時には2つの方向性があったはずです。

ベゼルレス画面が選択する2つの方向性

現在の機体のシルエットを変えず画面を上下に伸ばしたA案と、縦横比を16:9のまま画面を広げたB案です。

なぜA案が採用されB案は葬り去られてしまったのでしょうか。

画面を細長くした方がコストが安くつく

スマホの筐体は細長い方がカッコいいのでしょうか?
いや、細長いかどうかは好みがあるのでどちらのデザインが良いかは一概に言えません。

実は画面を細長くしたほうがコスト面で有利になる理由がありました。
どういうことなのか例をあげて説明します。

細長い画面と正方形に近い2つの画面AとBがあったとします。
図面の小さいマスを1インチ角とすると、下図のAとBは同じ画面の面積(12平方インチ)ということになります。

スマホのカタログに表示される画面のインチ表示は画面の対角線の長さを指しているので、2つの画面の対角線の長さを比べてみます。

2×6と3×4の画面の対角線の比較

AとBの画面は同じ面積であり、つまり同じ画素数ですが、Aの方が対角線が長いことがわかります。
※対角線の長さはピタゴラスの定理(三平方の定理)により計算しました。

AとBは同じ面積(画素数)でありながら、Aは6.32インチ、Bは5インチという表示になります。

つまり同じ画面面積(画素数)でも細長く作った方がカタログ上のインチ数(スペック)が稼げるのです。
そんなことも細長い画面が横行する理由なのでしょう。

私たちの多くは不必要に長い画面のスマホを買わされているのです。

ベゼル無しアスペクト比16:9のスマホを作ってください

6.55インチアスペクト比20:9のXiaomi Mi 11 Lite 5Gを画像処理で縦方向のみ削ってみました。
画面解像度は1920×1080、アスペクト比は16:9です。

アスペクト比16:9スマホの画像

これまでになかった幅75.73mm、高さ130mm、ベゼルレスという理想サイズのスマホですが、画面サイズの5.48インチというスペックが地味ではあります。
※もし画面スペックを6インチにするには筐体の大きさを幅83mm、高さ142mmほどにしなくてはならず、幅が広すぎて持ちにくいなってしまいます。

使いやすそうなサイズ感だと思いませんか?
Youtubeの動画も過不足なく表示することができます。

どこかのメーカーで作っていただけないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

柔術ガチスパーからの脱却

次の記事

カレールーを自作新着!!