自転車散歩@日吉発 〜ニヶ領用水の謎〜

渋川を上る

矢上川が鶴見川から分岐するところから少し上ると渋川との分岐になります。

渋川沿いには多くの桜の木が植えられています。

老齢の木が多く、枯れると新たに若木が植えられてているようです。

元住吉駅の少し北側で東横線の下をくぐります。

東横線を越えてもまだ続いています。

川べりに降りて散歩することができます。

武蔵小杉駅の近くまで来ると、流れに突き当たりました。

ここで渋川は終わりのようです。

二ヶ領用水

ここからは二ヶ領用水(にかりょうようすい)を遡ります。
川ではなく、人工的に作られた用水路になります。

所々で八重桜が咲いています。

こちらは梅です。

マスク越しにも梅の香りがしました。

久地円筒分水

第三京浜と田園都市線の下をくぐり、R246の信号を渡り少し行くと、その建造物はありました。

世界に誇る、久地円筒分水です。

二ヶ領用水から取り入れられた水は、平瀬川の下を潜り、再び噴き上がってきた水を円筒の円周比により四つ堀に分水し、各堀へ正確に用水を供給しています。

川崎市のHPより

文化庁が指定する登録有形文化財です。
現地看板によると、それまで争いの多かった水の分配を公平に行うことができる画期的な施設だったとのことです。
円筒から吹き出す水は均等に広がるため、円周に占める割合通りに水を分けられるという仕組みです。

不思議なのは、二ヶ領用水が多摩川水系から鶴見川水系まで流れているということでした。

今日は前述の通り、鶴見川の支流から二ヶ領用水を通り、ずっと流れを遡ってきました。
多摩川と鶴見川は別の水系であり、水系と水系の間には流れを分ける分水嶺的なものがあるはずです。
どうやって多摩川水系から鶴見川水系のまでの傾斜をとっているのでしょうか?

現地に説明看板がありました。

サイフォンの原理で水を持ち上げているということです。
現地には円筒分水周辺の平面図と縦断図(断面図)が記された説明板がありました。

それまでは、ポンプで水を上げているのだと思っていました。

帰宅後サイフォンの原理をググってみると、高いところから低いところに水を運ぶ方法となっています。
平瀬川手前までの二ヶ領用水より円筒分水の水位が低いということでしょうか。

二ヶ領用水の謎にせまる

隣接している平瀬川からでは無く、上流から引いてきた二ヶ領用水をわざわざ平瀬川をくぐらせてから取り込む意味について、自分なりに仮説を立ててみました。

  1. 平瀬川から直接取水することは困難(電動ポンプが無いと仮定)
  2. 多摩川の上流から取水し、多摩川よりも緩い傾斜で平瀬川手前までの水路を作る
  3. サイフォンの原理で平瀬川をくぐらせる
  4. 並行する多摩川よりも高い標高を利用し、鶴見川までの傾斜を作る

多摩川の右岸(南側)は、ここより下流に流れ込む川が無く、多摩川と鶴見川の間が平坦なため可能だったのだと思います。

確かめようはありませんが、数年来の疑問に自分なりの答えが出ました。


本日の走行
 走行距離:20キロくらい
 走行時間:1時間半くらい

後日同じコースを走り、動画を撮ってみました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です