自転車散歩@日吉発 〜矢上川から有馬川源流へ〜

2月だというのに暖かい日が続きます。
3月までは寒くてサイクリングは無理と思っていましたので、ありがたいことです。

東横線の高架をくぐり、しばらくは矢上川の側道を走ります。
矢上川の側道は右岸、左岸とも自転車・歩行者専用道路ではなく一般道になっているので車も通ります。

しばらく走ると有馬川との分岐になります。

有馬川の起点です。

左側の木をよく見てみると、

なんと桜が咲いていました。

有馬川沿いの道を走れるのはわずかな部分で、ほとんどは一般道になります。

道幅は広く、車もそこまで多くないので走りやすいです。

有馬川は住宅地の中を縫うように走るようになり、

R246の手前で地中に潜ってしまいました。

この先は全て暗渠化されており、地上に出ることはありませんでした。

暗渠の上が遊歩道になっているわけでもないので、川の痕跡を見つけることはできませんでしたが、両側を坂で挟まれている道路があり、その下に川の流れがあると推測し進みます。

田園都市線の高架まで来た時、後方以外の三方を坂で囲まれてしました。

ここが源流か?
と判断しかけましたが、GoogleMapで検索してみると、この先に「日本精工鷺沼運動場(有馬川水源地)」というのがあるようです。

結構な坂を登ってゆくと水源地の敷地に突き当たりました。

回り込んでみると、広大な敷地になっています。
半分程度は野球場やテニスコートになっていますが、残り半分はただの空き地のように見えます。

住宅密集地のなかで、一種異様とも思える光景でした。

水源は確認できませんでしたが、源流好きとしてはある程度満足しました。

帰りは早渕川方面に抜けようと思いましたが、坂がきついので来た道で帰りました。

 本日の走行
 距離:25.21km
 時間:1:24:13
 停止時間:37:17
 獲得標高:57m

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です