水道代が高すぎる?

ひとり暮らしの水道量平均は2,167円

総務省の統計によると、ひとり暮らしの水道代の平均は、2,167円という。
参考:総務省統計局による家計調査(2017年度)

自分の過去1年の水道使用量と料金は以下の通り。

累進的な料金体系のため、使用量以上に料金の差が大きいことがわかる。
冬場の使用量が大きいのは毎日のように湯船につかるため。(しかも使用後に毎回捨てている。)

年間上下水道総額27,818円、月平均2,318円
平均より6.9%高いだけだ。

本当だろうか?
自分は人よりも好き放題に水を使っていると思っていた。

現在の水道資料量の目的別推計

まずは自分がどれくらい水を使っているのか推定してみた。

自分はかなり洗濯の回数が多い方で、少なくとも平日に週3回、休日は1日に3、4回洗濯機を回している。
仮に月30回洗濯をして、1回の水の使用量が38リットル×3だった場合、洗濯による水の使用量は1ヶ月で3,420リットルということになる

浴槽に湯をためた場合は、
160リットル×30=4,800リットル/月(多い月)
160リットル×4.4=704リットル/月(少ない月)

シャワーの使用量は、
90リットル×30=2,700リットル/月

トイレは、
出社日:8リットル×7回=56リットル/月
休日:8リットル×10回=80リットル/月
56×21+80×9=1,189リットル/月

残りが台所と洗面というところか

使用量の多い月(15m3)の使用量推計をまとめると以下のようになる。
洗濯:3,420リットル
浴槽:4,800リットル
シャワー:2,700リットル
トイレ:1,189リットル
台所・洗面:2,891リットル
—————————-
計:15,000リットル(15m3)

水道料金の設定は累進性だった

横浜市のHPに掲載されている料金は以下のとおり(水道と下水道に分かれている)

わかりにくいので一覧表を作成。

2ヶ月で20リットルを超えると急激に料金が上昇する。

使用量削減目標とその方法

1ヶ月あたりの使用量を10m3(2ヶ月で20m3)とすれば、年額2万円あまりとなり、過去1年(27,818円)と比べかなりの料金減となるはずだ。
3,092円×6×1.1=20,407円(税込)

水の使用量を減らす方法を考えてみた。
ただし、健康のため湯船につかる回数は我慢しないとする。

  1. 残り湯を洗濯に利用
  2. 湯船の湯を全部捨てず、半分残して次回は熱い湯を足すようにする
  3. 台所のシンクに桶を置き、すすぎの水を減らす
  4. トイレで「小」のときは水が少ない方で流す
  5. 手洗い、歯磨きのさい水の出しっぱなしをしない

とりあえずIKEAで桶を購入した。

結果は数ヶ月後にお知らせしたい。

Follow me!

水道代が高すぎる?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ロードバイク事始