見せる大容量収納庫をDIY

今のマンションに引っ越した際、収納は1間半あったので、オヤジ1人としては充分なはずでした。
しかしながら自分の場合かなり荷物が多い方です。
特に自転車の部品が多く、ホイール(車輪)だけで11個もあります。(4台の自転車についている8個を除いて。)
半間分のクローゼットはホイールの他ハンドルやらなんやらでいっぱいになってしまっています。

そこで、荷物部屋となっている北側の部屋に収納を作ってみました。

大容量収納庫
収納庫内の紙箱

中身の紙箱はIKEA製のものです。
大きさは外寸実測で、幅330mm、奥行き378mm、高さ300mmです。

構造と材料

梁の下にきれいに収まるように設計しました。

設計図

縦板はツーバイフォーの組み合わせで作られています。
縦板に一枚板を使わない理由は以下の通りです。

  • 安いから(SPFの中でも、ツーバイフォーは最も供給が多く安い)
  • SPF(ツーバイフォー系)の板には幅380mm以上のラインナップがない(最大285mm)
  • 1枚板だと床と天井に突っ張って安定させることが難しい
  • 倉庫っぽい重厚感を出したかった。

格納する収納ボックスの奥行きが378mmのため、縦板の奥行きは380mmプラスアルファが必須となります。

部品作成と組み立ての手順

縦板の構造は下記の通りで、ツーバイフォーを組み合わせて作られています。

縦板の構造

工法はツーバイフォーの長い方にネジを通すため、最初にネジの頭が通る穴を開けます。
その後、割れ防止のためネジよりひとまわり細いドリルを通してからネジを打ち込みます。
この縦板を4枚作成します。

棚板(横板)を手前と奥の4点で支えるため、棚板は縦板の奥のツーバイフォー材まで届かなくてはなりません。
奥行きが320mm以上必要になりますが、SPF材にはそのサイズが無いので1820×910mmの集成材から切り出しました。
カットはホームセンターにお願いしました。

カットの図面です。
グレーの部分は無駄になる部分です。

板材から材料取り

縦板と棚板の接続ですが、写真のものでは縦板と棚板にドリルで穴を開け木ダボで接合する方法を取りましたが、難易度が高いです。
実際あまりうまく行っておらず、一番上の写真を見ると、右上の棚板が斜めになっています。

強度の問題もあるので、次回があればL字金具で固定するようにします。

大容量収納を獲得

紙箱(上から見たところ)

紙箱の大きさは、内のりの実測で幅315mm、奥行き365mm、高さ293mm。
容量は33.6リットルの計算になります。
18個合わせて604リットルです。

紙箱に荷物を入れたところ

荷物を入れたところです。
1個の紙箱に冬物のフリース、パーカー、ジャケットなどが7着入りました。
18個合わせると126着入る計算になります。

材料費用

ツーバイフォー材(2438mm):¥679/本
 5本で¥3,395

集成材(1820×910×20):¥3,980/枚
 2枚で¥7,960

L字金具(20×20×16mm)※ネジ付き:¥880/20個
 4セットで¥3,520

紙箱(330×378×300mm):¥1,000/個
 18個で¥18,000

木材カット代:¥30/カット
 17カットで¥510

合計:¥33,385

仮にディアウォール(柱固定アイテム)を使った場合は、¥1,640×8セットで¥13,120追加になります。

現行商品との比較

無印良品のスタッキングシェルフと比較

スタッキングシェルフセット 5段×3列(高さ200cm):¥49,900

中に入れる箱を無印良品のHPで探してみましたが、なかなか適当なものが見つかりません。
最も近いものがこれでした。

パルプボード・引き出し(6個セット) ¥8,493×3セット(3個あまり):¥25,479

合計¥75,379

容量は1個あたり約36リットルで、15個で約540リットルとなります。
今回紹介した我が家のシステムの604リットルと比べると幾分少ないです。

ニトリのプロモシリーズと比較

基本セット追加セット 6段×3列(高さ215cm):¥48,583

こちらも中に入れる箱はこれといったものがありません。
強いて言えばこれでしょうか。

キューブBOX引き出し2段:¥3,045×18:¥54,810

合計¥103,393

容量は、1個あたり約25リットルで、18個で約450リットルです。
スタッキングシェルフと共通して言えることは奥行きが少ないために、容量は少なめになるということです。

大容量収納がコンセプトではなく、リビングのお洒落な家具ということでしょう。

まとめ

使い勝手からすると、自分が欲しいものを作っているだけに使い勝手はいいです。
収納力も満足がいくものです。
部屋のサイズに合わせてあるので納まりも良いです。
無垢の木なので温かみがあり、薬品の匂いがすることもありません。

何よりも違うのは価格です。

自作:¥33,385
無印良品:¥75,379
ニトリ:¥103,393

ここまで書いた上の話で誠に申し訳ないのですが、今回紹介したIKEAの箱を公式ページで見つけることができませんでした。
先日IKEA港北に行った際にはあったような気がしたので、再度確認に行ってみたいと思います。
【2020年6月20日追記】
IKEA港北店で探してみたが見つかりませんでした。どうやら廃番になってしまったようです。

今後も様々なDIYのアイディアを考え、紹介していきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です