寝室の収納を考える PART2スピンオフ「ソーガイドを自作」

ソーガイドなるものは「絶対に」必要

寝室の収納をリメイクするためには家にある30本以上の木材をカットする必要があります。
これは当初自分の技術では絶対に無理と思われました。

先日踏み台昇降の台をDIYした際にカットした板ですが、いかに下手かが分かると思います。

購入か自作か

「木材 切断 まっすぐ」でググると、ソーガイドというものが表示されました。
木をノコギリでまっすぐ切断するためのアイテムです。

ブログ、youtube、販売サイトの評価などを丹念に見てみると、なかなか理にかなった良い製品のようです。

しかし金額が数千円なので迷っていると、ソーガイドを自作している人をネット上で何人か発見しました。
みなさんそれぞれに良く考えていることに感心しました。

市販されているソーガイドは全て90度のカット以外に45度のカットなどができるようになっていますが、90度のカットだけのものならば自分でも作れそうに思えました。
自分には90度以外のカットは今のところ必要ありません。

いくつかの作例を研究した上で、下記で紹介されているものが、作るのが最も簡単そうで原理も理にかなったものだと思いました。

オマージュ作品の制作開始

適当に切った木材を木工ボンドで接着するだけで2つの部品が完成しました。
元々の部材が工場出荷以来持っている正確な直角度を利用しています。

ソーガイド製作中(1)

ボンドが乾いたらノコギリの歯のスペースを開けて接着するだけです。

ソーガイド製作中(2)

最後の取り付けはのり付けしてしまうのが怖いのでとりあえずネジ止めとしました。
不要かもしれませんが、一番上に補強の板を追加してあります。

しかし完成したと思ったのも束の間でした。

左側のガイドの板に接する部分に対し全体が長すぎると安定しなくなってしまうので、どこかで切り落とさなくてはなりません。

一番下のツーバイフォーの板も縦ではなく横に使えば良かったのです。
手で持つスペースをなどと考えたのがいけなかったようです。

このシステムはノコギリの歯と並行になっている板が工場で正確にカットされていることが前提になっているので、致命的とも言えるミスです。

ソーガイド製作中(3)

だが臨時のソーガイドを作成して、とりあえず難局を乗り切ることができました。

早速SPF材を切断してみました。
1枚目の作品です↓

断面の写真

何も考えずに切っていたところ、だんだん歯が右側にずれてきて反対側から切り込んだが間に合わず、酷い断面になってしまいました。

完全に失敗です。

3枚目を切りながら、なんとなくコツがわかってきました。
器具の精度のこともあり、ソーガイド任せにしてはいけなかったのです。

また予想していたことではあるが、おがくずが大量に発生します。
リビングで作業しているため、放っておくと部屋中にどんどん広がってしまうので、1本切るたびに掃除機をかけます。

その点では、写真のサイクロンユニットはあってよかったです。
カップの中でゴミがグルグル回りながら溜まっていき、フィルターを交換・清掃する必要がありません。
RYOBI製ですが、通販サイトの評価を見ると、他社の製品にも取り付けられるようです。
写真の掃除機はBOSCH製のものですが、ホースを外して間に差し込むだけで簡単に取り付けることができました。
接続が緩かったのでホースに養生テープを巻いて調整しています。

ノコギリ作業はDIYの醍醐味

これまではノコギリ作業に自信が無く、避けて通っていました。
木材購入時であれば安い金額で正確にカットしてもらえますが、持ち込みの木材は切ってくれないので、修理・リメイクなど諦めていたこともいくつかあります。
今後はそれが出来るようになり、DIYの幅が広がります。

自分が言うのは早いかもしれませんが、ノコギリこそがDIYの醍醐味のような気がしてきました。

自作のソーガイドについても、精度と使いやすさの向上を追求していきたいと思います。

Follow me!

寝室の収納を考える PART2スピンオフ「ソーガイドを自作」” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

寝室収納のDIYを考える PART2

次の記事

目指せ1ヶ月10万円生活