便利な近頃のキッチンスケール

新型コロナウィルスによる自粛期間中、パン・餃子・うどんなど粉物をよく作りました。

家にあるスケールは30年くらい前に買ったアナログ式のもので細かい計測ができないため、デジタルのキッチンスケールを買うことにしました。

実店舗がほとんど休みだったためAmazonで探しましたが、売り切れ・入荷待ちが多く、人気のあるタニタ製のものは全て入荷待ちになっていました。

そして熟慮の上購入したのがこれです。

左の透明プラスチックのものは、本体ケースでもあり、計量皿としても使用できます。

他に袋とUSBケーブルが付属していました。
電池も付属しており電池で駆動することも可能ですが、USB充電ができるので電池は不要です。
全機種の中で、充電ができる機種はこれだけでした。

1ヶ月ほど使ってみてあまりにも便利なので、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ここに紹介させていただきます。

計量精度は0.1gまで測れることが必要

キッチンスケールとても精密なものです。
1円玉3枚載せてみましたが、正確に3.0gと表示しました。

1円玉はかなり正確に1gに作られており、中学時の化学の実験では天秤の重りの代わりに1円玉を使った記憶があります。

しかし、全てのキッチンスケールが0.1g単位で測れるわけではありません。
1g単位や0.5g単位のものもあります。

0.1g単位で重さを指定するレシピはまずありません。
だからと言って計測が1g単位で良いかというと、それは違います。

1g単位でしか測れないスケールに2gと表示された場合、1.5gから2.4gまでの誤差があります。(四捨五入の場合)
実際の重さが1.5gの場合は25%不足、2.4gの場合は20%オーバーということになってしまいます。
端数切り捨ての場合は、2.9gでも2gと表示されるので、45%オーバーになる可能性があります。

0.1g単位で測れるスケールであれば、誤差は1.95gから2.04gまでなので2.5%不足から2%オーバーの範囲内ですみます。

より正確に計りたければ、0.1g単位のものを選ぶべきだと思います。

便利な使い方1 容器の中身だけを計測可能

容器の重さを差引く機能です。
風袋(ふうたい)機能といいます。

容器を載せて電源を入れると重さが0表示になるので、計測用の紙を敷いて計測する必要がありません。

計測前に容器に材料を投入してしまった場合は(よくやります)、同じ大きさの容器を載せてゼロ表示にしてから材料が入った容器に載せ替えれば中身だけを測ることができます。

便利な使い方2 複数の材料を一つの容器で計測

風袋機能の応用です。

アナログスケールを使用しているとき、複数の材料がある場合は材料別に測っていました。
材料別にスケールの上に皿や薄紙を載せて重さを測っていたわけです。

デジタルスケールになってから複数の材料を図る場合の手間が、劇的に楽になりました。

まずはボウルを載せて電源スイッチを押すと、重量0.0gと表示します。

希望の重さになるまで粉を入れます。
入れすぎた場合はすくいとって減らします。

電源スイッチを2回押すと0.0g表示になります。
(本来は「TAPE」ボタンを1回押せばいいはずなのですが、動作しません・・・)

塩を少しずつ入れていき、希望の重さまで入れることができます。
すでに小麦粉が入っているため、入れすぎた場合は戻すことはできません。

同じことを何度もくりかえし、砂糖・ベーキングパウダーなどを、別計量することなく追加することができます。

水などの液状のものも同じように追加することができますが、自分の場合は水は別計量しています。

便利な使い方3 スパゲッティー計量

スパゲッティーを取り出してスケールに載せようとしても、転がって落ちてしまいます。
スケールに皿やふきんを載せて測ればいいのですが、きれいな皿やふきんに食材を載せることは抵抗があります。

まず袋のまま計測します。

次に、希望の重量分まマイナスになるまでスパゲッティーを抜きます。

今回の場合は最初381.3gだったので、100g使いたい場合は残りが281.3gになればよいわけです。
液体や粉状のものと違い、完全にぴったりにはできませんが、目分量や穴を通す方式よりは正確です。
ちなみに1.7mmのスパゲッティーの場合、1本あたりの重さが実測で0.85gなので、1g程度の誤差は許容範囲内です。

まとめ

キッチンスケールの進化によりレシピの再現がしやすくなりましたが、現状では「適量」「お好み」などの表現が多くみられます。

料理のプロや達人の中には目分量でも美味しい料理を作ってしまう方もいらっしゃいますが、料理に慣れていない素人にとっては正確な量が書かれていないと困ってしまいます。

個人の意見ですが、「ひとつまみ」「少々」などの表記には重さも併記して欲しいと思います。
レシピを見るのはほとんどが素人ですから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です