自転車散歩でカロリー消費 日吉→大岡山→羽田

久々に脈拍計を導入

ここのところ運動不足気味なので、多めにカロリー消費をしようと思い自転車旅に出た。

しばらく心拍計(脈拍計)を使ってなかったが、カロリーを正確に算出するには必要なアイテムだ。
スマホにスピードメーターアプリを入れて、脈拍計を接続。
スマホが普及する前は自転車専用のスピードメーターを取り付けていたのだが、地図も表示できるガーミン社のものだと10万円くらいしていた。
現在はスマホがあれば同じかそれ以上のことが無料でできる。

最高の気候の中出発

ゴールデンウィーク中は寒くも暑くもなく自転車に乗るには最もいい季節だ。
背負った荷物が重いが、追い風が少し楽にしてくれる。

綱島街道は日吉ー武蔵小杉間で自転車通行帯の整備が昨年にほぼ完成。
多少路上駐車があるもののとても走りやすくなった。
残る工事区間は武蔵小杉の南武線跨線橋のみだ。

家から大岡山までちょうど10km。
バックパックに背負っていた届け物のタケノコ3キロを降ろして身軽になった。

中原街道に出た。
最近UBEREATSの自転車が増えた。
今日は配達員に3回抜かれた。

呑川側道を下っていゆく

呑川の側道を下っていく。
呑川は目黒区内は暗渠(川がふさがれた歩道)になっているが、大田区内に入ると地上に顔を出す。

ここから先はしばらくワンブロックごとに橋がある。
これほどたくさんの橋がある川は今までみたことがない。
橋との交差点の度に一時停止をしなければならない。

蒲田を過ぎると川幅が広くなり橋と一時停止の数は減った。

河口が近づき、停泊する舟をよく見かけるようになる。

個人宅の軒先のような狭いところもある。

河口が近づくと河岸の道がなくなり一般道を通るが、それでも行き止まりに。

あちこちうろうろしてなんとか河口近くに到達したが、呑川の行き着く先は海ではなく運河だった。
(地図上の表示は「海老取川」となっている。)

呑川から多摩川ー鶴見川へ

少し迷いながら一般道で多摩川に到達。

多摩川河川敷は、密というほどではないが、多くの人出があった。
例年だとゴールデンウィークはたくさんあるグランドの全てで少年野球や草野球が行われており、歩行者も多く自転車で通過するのに苦労するほどだが、今日はそれほどではない。

六郷橋で対岸に渡り、川崎市内を通って帰宅。

ここから鶴見川までのルートは川崎市の中心など交通量が多い車道を通ることになる。
トラック等の大型車も多いので要注意だ。
時間と体力に余裕がある時は遠回りした方がいいだろう。

本日の走行データは

1297kcalも消費していれば、かなり上出来だ。
このあと食べ過ぎなければ良いのだが、

ジムのバイクだと、自分の場合1時間漕いで400〜420kcal消費する。
今日の走行では1時間あたり450kcalの計算になるので、実際に走る方が効率がいいようだ。
心拍数は最大心拍数の7割程度なので、心臓に負担をかけすぎず脂肪燃焼するにはちょうどいいくらいだと思う。

なによりも外で風を受け、移り変わる風景をみながら走るのは単純に楽しいことだ。

本日の走行マップ↓

2020年5月3日追記
2日後に脈拍計を付けずに自転車散歩。

1時間あたりのカロリー消費は423kcalだった。
脈拍計付けた方が6%多い数字になる、というより平地走行の場合は大差ないようだ。
もしヒルクライム(山岳走行)した場合には大きな差になるだろう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です