年金は繰上げ受給するべきなのか

年金を繰り上げ受給した場合のシミュレーション

自分は今年の11月に60歳になり、年金の繰上げ受給が可能になります。
ただし本来の受給年齢は65歳なので、5年早く受給を開始するためには3割減額というペナルティがあります。

やっぱり辞めたいと思っても、一度決めたら元に戻すことはできません。
正規に65歳から受給した場合の総額にいつかは逆転されてしまう計算になります。

長く生きれば正規受給あるいは繰り下げ受給のメリットがでてくるわけですが、いつまで生きるかわからないのが人間なので正解はありません。
多くの人にとっては、人生最後にして最大のギャンブルになるでしょう。

先日zoom飲み会にてこの話題が出たのですが、繰上げ受給すべきとの意見がありました。
自分は繰り上げ受給すると損になると確信していたので、少なからず驚きました。
その時は繰り上げ受給した方は得になる理由が示されなかったので、ずっともやもやしていました。

「年金繰上げ、損益分岐点」でググってみるとたくさんの解説記事が出てきます。
いくつかを見てみましたが、60歳で受給した場合を65歳で満額受給した場合と比べて「損」になる年齢は77歳から81歳までと幅がありました。

なぜ幅があるのかも気になりましたが、そもそも現在予定されている年金を予定通りもらえるのか補償ははありません。
もし、受給金額が目減りしたり受給開始年齢が遅くなったりしたらどうなるのだろうと心配になり、自分で計算してみようと思い立ちました。
正規に受給開始した場合の金額を仮に年間2,000,000円と設定して計算してみました。

結果は下記の通りです。

60歳から繰上げ受給した場合の初年度の受給金額は1,400,000万円で、76歳時の総受給額は23,800,000円。
それに対して65歳から正規に受給した場合は76歳時には24,000,000円となり、繰上げ受給した場合を上回ります。

ちなみに、70歳に繰り下げ受給した場合の、「損益分岐点」は81歳でした。

グラフにしてみました。

60歳からの受給が65歳からと70歳からの受給に追い越されていく様子がわかります。
現在男性の平均寿命は81.25歳とのことなので、これだけを見れば、繰り上げ受給は損になる確率が高いです。

ところで損になるとは一体どういうことなのか考えてみました。
もし年金をもらい始めてすぐに死んでしまった場合、死の間際に「年金を満足にもらうことができなくて残念!」と考えるでしょうか?
死ぬ時はそんなことは考えないと思います。

問題は「損益分岐点」超えて長生きをした場合だと思います。
その場合は「繰り上げ受給しなければよかった…」と後悔するでしょう。

年金が無くても食いつなげるなら、繰上げ受給はしない方がいいということになります。

ただし、「確実に予定の年金を受給できる”保証”があるならば」です。

「目減り」の可能性

我が国の年金の運用状況、経済状況、人口減等を考えた場合、予定通りの年金を死ぬまで受給できると考えるのはあまりにも楽観的でしょう。
マクロ経済スライドなどというまやかしはいつまでも続かないでしょう。
今後は何らかの方法で年金受給額は減っていくのではないでしょうか。

そこで、5年ごとに10%の割合で受給額が目減りする場合を想定して計算をしてみました。
※ここでは繰り下げ受給の減額との混同を避けるために、減額では無く目減りと呼ぶことにします。

60歳から受給を65歳から受給が上回る損益分岐点が3年延びて79歳になりました。
60歳から受給の場合、79歳を過ぎると”後悔”することになります。

「受給年齢繰り下げ」の可能性

年金会計の逼迫による影響は、年金受給額の減少だけでは済まないかもしれません。

平均寿命が伸びたこともあり、受給年齢が繰り下げになることも想定しなければならないと思います。
仮に、今後5年ごとに受給額が目減りし、加えて自分の受給前のタイミングで受給開始年齢が繰り下げられた場合のグラフは以下の通りです。

今後もし通常の受開始年齢が70歳になった場合、60歳から受給してた場合の総額を追い越すことは「永久に」できなくなります。
75歳からの受給が60歳からの受給を追い越すことができるのは96歳という計算になります。

まとめ

受給金額の目減りも、受給開始年齢の繰り下げはあるのでしょうか?
小子化、デフレ、平均寿命上昇、高齢者割合増加、そして日本の衰退により、何らかの手を打たなければいけない日は近いでしょう。

現時点でもらえるとされている年金を、死ぬまで約束通りにもらえるという考えは楽観的すぎるのではないでしょうか。
年金は目減りしていかざるをえないと思うし、受給開始年齢もいつかは繰り下げになると思います。

自分の場合は今年11月に60歳になりますが、3割下がっても受給を開始しようかと思っています。
受給額が下がったり、受給開始年齢が繰り下げになる前に貰っておこうという考えです。

結果はどうなるかわかりません。
後悔することになってもやむを得ないと思っています。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

らっきょう甘酢漬けに挑戦